乳幼児の歯ぎしり 子供の歯ぎしり

子供の歯ぎしりは、上顎骨の成長に必要なものです。歯が生えて、口蓋骨の側方への発育の時、上顎の歯が側方への倒れ込みで、骨の成長が、誘導され、促進されるので、必要なものです。歯の交換期になると、その乳歯を、歯ぎしりしながら、水平に咬耗、摩耗しながら、乳歯の位置が動かないようにして、その乳歯を目標にして、永久歯である第一大臼歯が生えてくるメカニズムになっているのですから、必要なのです。そのために、乳歯は永久歯よりも柔らかいのです。すぐに成長をとめられように乳歯は、柔らかいのです。その柔らかさの故に、虫歯にかかりやすいという欠点もあります。

乳幼児の歯軋り 赤ちゃん

赤ちゃんが生えたての歯で、あごの位置を決めようとしていたり、生えてくる歯のスペースを確保するために日々成長しているためであると言われております。 この時期の歯ぎしりは生理的に起こるもので通常は心配する必要はありません。

歯軋りの予防 

歯軋りを防止するには、まずはストレスの原因をなくすことが大事です。 歯軋り防止法として、就寝時にマウスピースを装着します。そうすることで、とてもリラックスした睡眠がもたらされるようです。またさほど歯軋りがない方でも、予防として使用している方もいます。

歯軋りの治療 矯正治療

治療期間は約半年ほどかかるのですが、個人差はありますが治療後は、防止装置などを使わなくても、静かに安眠することができます。 歯軋りを根本から治してしまう矯正治療は、かなり効果が高いです。 しかし、問題もあります。歯軋り矯正治療には、保険が適用されません。治療も長い期間に渡って行われます。

歯軋りの治療 噛みあわせ治療

有効で基本的な治療です。磨り減った歯や不正なかみ合わせを元に戻すことで効果を得ることがあります。乱れていた噛みあわせを正しくさせながら時間をかけて治療すると概ね抑えることもできます。単に歯を削るだけでは治らないでしょう。

歯軋りの治療 ストレスの軽減

根本的な原因がストレスだと思われる場合には、何らかの方法でストレスを軽減させる必要があります。ストレスを軽減させるには自己暗示療法、精神安定剤を使用する方法、漢方を使用する方法などがありますが、普通の歯科医院で行っている所はあまりありません。これらの治療法は、歯ぎしりの治療に力を入れている一部の歯科医院や、精神科などで行われています。

歯軋りの治療 マウスピース スプリント

歯科で最も良く行われる歯軋りの治療法は「マウスピース」(スプリント)です。 夜寝る時にマウスピースを装着することで歯にかかる負担を軽減させることができます。

歯軋りの原因 内因性 咬合性

噛み合わせの異常や顎の変位、不適合の金属冠など。極少数。咬合の変化によってより強く現れる傾向があり、歯ぎしりをしやすいかみ合わせがあると考えられます。

歯軋りの原因 習慣性

職業、職種によるものなど。極少数。 力を入れる職業に出るといわれていますが、実際にはとくに関係がないと考えられます。

歯軋りの原因 心因性 ストレス性

圧倒的大多数がこのタイプ。ゆううつや不安など、潜在的心理的なものがあり、歯ぎしり、食いしばりをすることによってストレスを発散させていると考えられます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。